ページの先頭です
ここからメインメニューです
ここから本文です
  1. トップページ>  
  2. パスポート>  
  3. 手続ガイド>  
  4. 申請について>  
  5. 氏名・本籍等に変更があった場合
パスポート

氏名・本籍等に変更があった場合

公開日:平成29年(2017)2月20日更新日:平成29年(2017)2月20日

パスポートの記載事項変更についてご案内します。

10年又は5年の有効なパスポートをお持ちの方が、氏名・本籍・性別・生年月日に変更があった場合、パスポートの記載事項を変更しなければなりません。この場合、お持ちのパスポートを返納していただいたうえで、次のいずれかの手続きが必要です。いずれも新しいパスポートはパスポート番号が変わります。

  1. 新たに有効期間10年又は5年のパスポートの発給申請(切替申請)をする。
  2. 返納パスポートと残存有効期間が同一の新たなパスポート「記載事項変更旅券」を発給申請する。

なお、旅券法の一部改正に伴い、平成26年3月20日(木)以降、「記載事項の訂正」の制度が廃止され、「記載事項変更旅券」という新たな制度による申請になりました。

手続の対象になる記載事項の変更とは

※次の場合は変更申請の対象になりません。

記載事項変更旅券

記載事項の変更に必要な書類

1.一般旅券発給申請書(記載事項変更用):1通

*窓口にない場合は、スタッフにお声かけください。

2.戸籍抄本または戸籍謄本:1通

3.パスポート用の写真:1枚

 

適当な写真例

パスポート写真の規格と見本例(単位:mm)

  • カラーでも白黒でも可
  • 本人のみが撮影されたもの
  • 提出の日前6か月以内に撮影されたもの
  • 縁なしで左記画面の各寸法を満たしたもの
    (顔の寸法は頭頂からあごまで)
  • 無帽で正面を向いたもの
  • 背景(影を含む)がないもの
    (白髪の方は背景がなるべく濃いものに)

上記の規格を満たしていても、ご本人であることがわかりにくい写真はパスポート用写真として不適格です。詳しくは下記「パスポート写真の規格と見本」をご覧下さい。

4.有効なパスポート…1点

5.特別な場合に必要となる書類(該当する方のみご用意ください。)

「住民票の写し」(申請日前6か月以内に発行されたもの)※コピーではなく交付された原本を提出してください。

6.その他

記載事項変更申請のご注意

受け取りまでの日数

*パスポートは、年齢に関係なく申請者本人のみが受け取ることができます。代理人による受け取りは認められませんので、ご注意ください。

*平成26年3月19日までの「記載事項の訂正」制度では、申請日当日に訂正旅券を受け取ることができましたが、「記載事項変更」制度では、旅券番号の違う新たな旅券をつくるため、受け取りまでに日数を要します。

手数料

手数料は6,000円です。

手数料は、旅券交付窓口の近くにある「収入印紙・東京都手数料取扱窓口」で、旅券引換書(申請時にお渡しします。)を添えて現金でお支払いください。お支払い後は収入印紙の貼付とともに東京都手数料の領収金額を印字した旅券引換書をお返ししますので、これを旅券交付窓口に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルの表示にはAdobe system社の Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてお使い下さい。

このページに関するお問い合わせ先

東京都パスポート電話案内センター 
電話番号:03-5908-0400

PCサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る