東京都内の旅券窓口で旅券申請ができる方は、都内に住所がある方、又は都内に居所がある方、も
 しくは海外から都内に一時帰国中の方です。
  住所とは ・・・ 住民票がある場所
  居所とは ・・・ 住民票はないが、実際に居住している場所(航海中の船員の方は、停泊地になります。)
            ※居所での申請については → 居所での申請
  
お知らせ、新着情報

都庁パスポートセンターでは庁舎改修のため旅券申請窓口の混雑が予想されます

平成27年1月末まで都庁舎改修工事に伴う旅券申請窓口の一部閉鎖により、受付窓口の混雑が予想されます。ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。
有楽町・池袋・立川のパスポートセンターの利用もご検討下さい。

「アクセス(新宿・有楽町・池袋・立川)」 


年末年始の旅券業務のお知らせ

東京都旅券課(新宿・有楽町・池袋・立川)の年末年始の窓口業務(旅券申請受付・旅券受け取り)は下記のとおりです。



また、申請月日と交付開始予定日(受け取り可能日)をご確認の上、早めの申請をお勧めします。
年内最後のパスポート交付日(12月28日(日曜日))に間に合うためには、12月18日(木曜日)までに申請手続きを完了させる必要があります。年内にパスポートが必要な場合は、期日に余裕をもって窓口にお越しください。(申請時に必要な書類に不備がある等、要件を満たしていない場合は、パスポートの受け取り可能日が予定より後になることがあります。)

年末年始に海外旅行する方へ

平成26年12月27日(土)から平成27年1月4日(日)までは、外務省・在外公館も閉庁しますので、閉庁期間の直前又は期間中に、海外で旅券を紛失して最寄りの在外公館(大使館・領事館)で旅券の新規発給を希望しても、旅券をお渡しできるのは1月5日(月)以降になります。海外旅行中は旅券を他人に預けたりしないで、ご自分で厳重に管理し、紛失や盗難に十分気をつけてください。

お持ちのパスポートの氏名・本籍等に変更があった方へ・変更を予定される方へ

 〜平成26年3月20日以降、「記載事項の訂正」が廃止され、新方式のパスポートの発給が開始されました〜

 パスポートの記載事項に変更があったときには、原則として新たなパスポートを申請いただく必要があります。旅券法の一部改正に伴い、平成26年3月20日(木)以降、「記載事項の訂正」の制度が廃止され、「記載事項変更旅券」という新たな方式のパスポートの発給が開始されました。
 お持ちのパスポートの氏名・本籍・性別・生年月日に変更があった方・変更を予定される方は、「パスポートの氏名・本籍等に変更があった方」を必ずご一読ください。

※パスポートの受け取りまでの所要日数にご注意ください。

 平成26年3月20日(木)以降は、新たにパスポート(10年または5年)の発給申請(切替申請)をするか、「記載事項変更旅券」の発給をするか、選択することになりました。ただし、平成26年3月19日までの「記載事項の訂正」の制度では申請日当日に訂正旅券を受け取ることもできましたが、、新たにパスポートの発給申請(切替申請)をする場合、「記載事項変更旅券」の発給をする場合、いずれも申請してから受領まで、土曜・日曜・祝日・国民の休日・年末年始(12月29日から1月3日)を除いて6日かかります。したがって、このことを念頭において海外渡航の計画(新婚旅行など)を立てるようにお願いします。

パスポートの古い申請書・届出書をお持ちの方へ。

 (お持ちの申請書・届出書が使えない可能性があります)

 現在流通しているパスポートの各種申請書・届出書のうち、一部についてはパスポートのシステム更新に伴い、機械での読み取りができなくなりました。そのため、パスポートの申請や届出をされる場合は、手続きをされるパスポート窓口に設置されているものを必ずご使用いただきますようお願いいたします。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 詳しくは、外務省ホームページ「パスポートの古い申請書・届出書をお持ちの方へ」をご覧ください。

震災特例旅券の申請受付は、平成25年3月で終了しました。

 なお、紛失等したパスポートの残存有効期間が5年以上残っていた方は、1回目の震災特例旅券(5年)の期間満了に当たって、残りの有効期間について2回目の震災特例旅券を申請することができます。
 詳しくは、電話案内センターへお問い合わせください。
 【参考】 外務省ホームページ
       東日本大震災の被災者に係る一般旅券の発給の特例に関する法律の閣議決定

国立市が住民基本台帳ネットワークに接続したことにより、国立市に住民登録されている方にお願いしてきました住民票の写しの提出は、平成24年2月1日から不要になりました。

東京都収入証紙の廃止後における手数料のお支払い方法について

  • 平成22年4月1日以降、旅券交付の際に東京都へ納付いただく手数料については、東京都収入証紙の貼付に代わり、直接現金でお支払いいただいております。詳しくはこちらをご覧ください。

平成21年3月1日から、旅券申請に必要とされてきた郵便葉書の提出が不要になりました。

外務省からの重要なお知らせ! 

法務省からの重要なお知らせ!

米国(一部地域を除く)にビザ無しで渡航する場合、事前に電子渡航認証(ESTA)を受ける必要があります。

  • ESTAは具体的な渡航日程が決まっていなくても、インターネットに接続するパソコンから、いつでも申請することができます。ただし、ESTA申請では、パスポートの発行国、番号、発行年月日及び有効期限の入力が必須項目となっていますので、あらかじめ、余裕を持ってパスポートを取得するようお願いいたします。
  • 米国政府とは無関係の第三者が模倣ウェブサイトを立ち上げ、情報提供料や申請手数料を請求する事例が発生していますので、十分ご注意ください。
  • ESTAの案内(外務省ホームページ)
  • ESTA申請ウェブサイト(米国大使館ESTA申請公式ウェブサイト) 
パスポートについて
手続ガイド
パスポートの取得申請
パスポートの受領 パスポートの紛失又は焼失
 
 

その他留意事項
必要書類一覧 本人確認書類
パスポート写真の規格 申請手数料
ヘボン式ローマ字綴り方表 代理署名


窓口の受付時間 旅券窓口の所在地
交付予定日 申請書の入手場所
 

 





リンク

iモード版はこちら
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/i/index.html

 
お問い合わせ先
電話案内センター  03-5908-0400
 受付時間  月・火・水曜日 9:00〜19:00、 木・金・日曜日 9:00〜17:00
 上記受付時間外及び祝日、振替休日、年末年始期間(12/29〜1/3)は自動音声による応答になります。
電子メールによるお問い合わせ S0000574@section.metro.tokyo.jp 
 (お急ぎの方は、電話案内センターにお問い合わせください。電子メールによるお問い合わせについては、
回答に数日を要する場合があります。)