パスポートのお問い合わせ
 電話案内センター
 03−5908−0400
      
タイトル
有効なパスポートをお持ちの方が下記「パスポート申請できる方」に該当するときは、そのパスポートを返納したうえで、新たにパスポートの発給申請(切替申請)をすることができます。
なお、新たなパスポートを受領するまでは渡航できませんのでご注意ください。

切替申請する場合には戸籍謄本又は戸籍抄本の提出は不要です(例外もあります。必要書類4.参照)が、申請書の漢字氏名は戸籍通りの字体で記入し、本籍も番地まで書く必要があります。本籍が分からない方はあらかじめ調べておいてください。ICカード化された運転免許証は本籍欄が空欄になっています。
 → 申請書記入例
切替申請に際して返納された旅券の残存有効期間は切り捨てになります。
1. パスポートの残存有効期間が1年未満となった
パスポートの残存有効期間が1年以上ある場合でも、赴任や留学などで長期滞在するときには新たにパスポートを取得することができます。この場合には、赴任命令書や入学許可証などをご持参ください。
2. パスポートの査証欄が少なくなった
査証欄増補申請により、パスポート1冊につき1回だけ査証頁を増やす(40ページ)こともできます。
手数料は2,500円
詳しくはこちらをご覧ください。→ 査証欄増補申請

3. パスポートを損傷した
4. ICパスポートでないパスポートからICパスポートへ切り替える
5. パスポートの氏名・本籍の都道府県名が変更になった
有効旅券の記載事項に変更がある場合は次の2つの申請方法があります。
@切替申請により、パスポートを返納し、新たに有効期間10年又は5年のパスポートに切り替えます。「必要書類を揃えます」に進んでください。
手数料は10年旅券が16,000円、5年旅券が11,000円
A変更申請により、返納パスポートと残存有効期間が同一の新しいパスポートを申請します。
手数料は6,000円
詳しくはこちらをご覧ください。→ 変更申請


1. 一般旅券発給申請書 … 1通
新規発給申請書は10年用と5年用で異なります。
◇10年用  A4の大きさで、申請書上縁部が朱色
◇ 5年用  A4の大きさで、申請書上縁部が淡灰色
20歳以上の方(申請日現在)は5年用と10年用のいずれかのパスポートを選択できますが、20歳未満の方は5年用のみとなります。
申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしないで下さい。
→ 申請書の入手場所      
2. パスポート用の写真 … 1枚

 (単位:mm)
縦4.5cm×横3.5cm
申請者本人のみが撮影されたもの
提出の日前6か月以内に撮影されたもの
縁なしで左記画面の各寸法を満たしたもの
(顔の寸法は頭頂(髪を含む)からあごまで)
無帽で正面を向いたもの
背景(影を含む)がないか若しくは薄いもの
(白髪の方は背景がなるべく濃いものに)
上記の規格を満たしていても、ご本人であることがわかりにくい写真はパスポート用写真として不適当です。詳しくは下記「パスポート写真の規格と見本」をご覧下さい。
→ パスポート写真の規格と見本

3. 有効なパスポート … 1点
このパスポートは無効(VOID)印を押印した上で、新しいパスポートをお渡しするときにお返しいたします。
返納されたパスポートの残存有効期間は切り捨てになり、旅券番号も変わります。

4. 特別な場合に必要となる書類
戸籍謄(抄)本(申請日前6か月以内に発行されたもの)
氏名や本籍の都道府県名に変更があった場合
パスポートを細かく裁断した場合やパスポートの身分事項や写真などが判別できないほどの損傷の場合
住民票の写し(申請日前6か月以内に発行されたもの)
他の道府県に住民登録している方が東京都で居所申請する場合
「居所での申請」のページを あわせてご覧下さい。  → 居所での申請
申請窓口において、住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない場合

パスポートは申請してから受領まで、土曜・日曜・祝日・国民の休日・年末年始(12月29日から1月3日)を除いて6日かかります。
渡航先によってはビザが必要になりますので、パスポート申請は余裕を持って行なって下さい。

パスポートは、年齢に関係なく申請者本人のみが受け取ることができます。代理人による受け取りは認められませんので、ご注意下さい。
パスポートを受け取ることのできる窓口は、申請書を提出した旅券窓口です。
パスポートを受け取るときは、申請時にお渡しする旅券引換書、手数料が必要になります。
旅券引換書に書かれた交付予定日が来たら、できるだけ早く受け取りにおいで下さい。パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らないと失効し、申請時に返納された前回のパスポートも廃棄させていただきます。