ページの先頭です
ここからメインメニューです
ここから本文です
  1. トップページ>  
  2. 文化振興>  
  3. 都の文化政策について知りたい>  
  4. 旧小笠原邸
文化振興

旧小笠原邸

公開日:平成27年(2015)6月9日更新日:平成27年(2015)6月9日

旧小笠原邸保存活用事業について

旧小笠原邸外観

概要

 旧小笠原邸は、昭和2年に小笠原長幹(ながよし)伯爵邸として建築されました。
 スパニッシュスタイルで構成された外観は、スペイン瓦や特製タイルの装飾壁面などにより、優美な雰囲気を醸し出し、近代の住宅建築を語る上で貴重な特色を残しています。
 内部は、各室の配置により当時の華族の生活の在り方が窺えます。特に喫煙室の意匠については、わが国では珍しいイスラム様式の装飾が施され、大理石モザイクタイル貼りの床、彩色漆喰彫刻の壁などの仕上がりは高く評価されています。
 このように、旧小笠原邸は、昭和初期に建築された文化的、建築史的に貴重な建物ですが、老朽化が進み、修復工事が必要な状態となっていました。そのため、修復工事の実施と工事費用負担を条件として、公募により選定した民間事業者に貸し付けることにより、その豊富な経験とノウハウを活かし、歴史的建造物のもつ文化的価値と魅力の再生を図っています。

イスラム様式の装飾が施された喫煙室

旧応接間(ラウンジ)

 

沿革

このページに関するお問い合わせ先

文化振興部  企画調整課 
電話番号:03-5388-3158

PCサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る